最近のトラックバック

海賊フックとその一族

  • Img_0032_r
    海賊フック一族のアルバム 日常の生態をかいま見るとこが出来ます!!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月28日 (水)

対潜哨戒機P3C体験搭乗

Img_3283_r_3 Img_3268_r_2

海上自衛隊下総航空基地でP3Cに体験搭乗してきました。4000馬力4発のターボプロップエンジンは力強く、機内は日本の領海を監視する機器で一杯!!頼もしい飛行機だ!!Img_3274_r コクピットは今のボーイング777などとは違い、アナログ計器で一杯、左右に操縦士、副操縦士が座る、真ん中には機関士?、三人体制で飛行する。コクピットの後ろは撮影禁止。作戦に関する機械が所狭しと配置されていた。

房総から千葉を周回して、帰還。時間があるので「タッチ&ゴー」をやりましょうと、貴重な体験を・・・Img_3290_r

最近、日本の近海もきな臭い!!中国海軍が訓練したり、尖閣諸島、竹島といろいろ問題も多い中、自衛隊には頑張って欲しい。

基地内はゆとりを感じるものの、やはり「ピリッと」している。若者には徴兵制度があってもよいのではないかと感じる一日でした。

右は自衛隊で食べた昼食(375円)

2010年4月19日 (月)

やっと春の香りが

今年の春の訪れは本当に大変でしたね。もう春かな!と喜び勇んで厚いセーターを脱ぎ捨てた!と 思ったら翌日は又冬に逆戻り。これの繰り返しでとうとう4月も終盤。相変わらずお日様がなかなか顔を出してくれないのですが、気温は確実に少しずつあがってきています。

Img_3255_2

庭には枯れた芝生の間から緑色の雑草があちこちと元気に育っています。クレマチスも元気に芽をふくらませています。そしてちょっと上を見たら藤の枝にいくつもの花芽?が大きく膨らんでいました。こんな風景を見ているととても心がうきうきしてきて、何の用事もなくても庭に出て周りの春の景色を楽しんでいます。

Img_3253_3

Img_3254_2

そして待ちに待った春の香り、”山椒”の芽が青々とでてきました。年に一度だけ楽しめる”木の芽和え”。産直で買った竹の子を和えました。出たての新芽を20枚ほど摘みました。なんとも言えない独特の山椒の香り!堪えられません。この香りのために苗木を植えたのです。木の芽も竹の子もあとわずかで終わり。今のうち!とばかりにわがやの食卓には毎日筍料理が続きます。sun

Img_3258_r_3

2010年4月 8日 (木)

燻製に挑戦

Img_3218_r ずっと自分で燻製に挑戦したいと思い続けてきました。それもベーコンを。その夢が実現。但し今回は初めてなので一番簡単な方法をまず試してみました。本当は生の豚バラpigの塩漬けからしたいのですが今回は家にあるものを使うのでまずは香りをつけることのみを目的としました。そして肝心のチップには桜を選びました。スーパーでブロックのベーコンを買いました。そのままでも十分ですが私は香りの強い物が好きで、市販ではなかなか香りの点で満足できません。チップと肉を載せる網を買い、自宅にある鉄製の鍋を使いました。鍋底にアルミホイル敷きそこにチップをたっぷり載せ、ベーコンを載せた網をおき弱火で、そして煙が出始めたら蓋をしてあとは匂いがつくまで気長に待ちます。この日はゆで卵も同時に燻製してみました。結果としてはちゃんと香りつきました。卵、美味しかったです。ベーコンは確かに少し香りが増しました。でも私が欲しい香りではありませんでした。やはり生から好きなスパイスを塗りこみ、チップの香りも室内では時間的にも限界があるかな?と思いました。ネットで見ても2時間位かかりますし、油落ちの為の油受けも必要だとするとやはり専用の道具が必要のようです。それとホームセンターにはなかったのですがチップは”ヒッコリー”がいいみたい。とにかくまだまだ試行錯誤の状態。満足できる物が出来るのはいつでしょう。┐(´д`)┌ヤレヤレ

2010年4月 7日 (水)

お花見日和でした

      sunsunsunやっとお花見実現です。今年は本当に蕾が膨らんできてからの寒さでいつになったらお花見できるかしら?と心配でしたが、6日気温も上がり、私も痛めていた脚の調子も良くなってきて気分は上々。唯、残念な事に平日の為二人揃ってのお花見とはいきませんでした。買い物ついでにいつも通る公園は春休みも終わりに近づいた子供達が元気よく走り回ったり、お弁当広げたり、そしてそんな中年を召した方達のグループがハーモニカを伴奏に控えめに?懐かしいメロディーを口ずさんでいました。上野の山の狂騒的なお花見とは違い、緑の草原の上でそれぞれが本当に桜の花を待ち望んでいて楽しんでいる光景は一人ボッチのお花見でしたが見ていてこちらも幸せな気持ちになりました。キャプテンにテレビに映し出されるお花見の有名処に”いってみたいなあ”とそんな気持ちを洩らしましたが、人ごみの中で”流しそうめん”みたいなお花見より本当の春を感じることの出来た今日の Img_3225_r_4一人様お花Img_3227_r_2  でした。

Img_3230_r_3

2010年4月 5日 (月)

マイッタ!!!さすが??

キャプテンがとても面白いニュースの写真を見つけてきました。その写真見て一瞬”ン?”何処jかで見たことあるぞ!それはオランダコペンハーゲンからのニュースでした。観光地として有名な人魚の像が只今上海万博に展示する為にお引越し。その間いないのは寂しいと何ともセクシーな??骸骨の人魚がポーズも悩ましく、長いその尻尾?をくねらせて座っている写真。何と形容したらよいのでしょう。"え!” ”うそぉ!”やだァ!”絶対日本では思いもつかないし、許されないでしょう。この(ブラック)ユーモアには脱帽。是非一見の価値あり!かな?私はそう思いました。

興味のある方はhttp://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2715348/5561305

Afp024765_00_qui_2

2010年4月 4日 (日)

愛馬の日:キャプテンフックより

 JRA美浦トレーニングセンターで「愛馬の日」が開催された。毎年開催されているようで、みんな来ている人はお花見がてらになれたもの!!

サラブレットからポニーまで、触ることが出来て、子供たちは大喜び。 201043_r_3

Img_3204_r_2 さすがJRA、広大な敷地に馬場、厩舎、病院など全てが揃っている。勿論、セキュリティがしっかりしているので、やたらに入れない。年に何回かのGIレース前には調教視察のツァーがあるらしい、朝5時半集合で目の前で調教を見ることが出来る。

障害供覧では地元高校生の乗馬友の会メンバーが障害のデモを、その後、ロングレーン演技が行われた。乗馬せず、長い手綱で馬を自由に操る、馬もバックしたり、座ったり?

Img_3198_r_2 ポニーの障害共覧、ポニー競馬も行われた。見た目と違って、とても敏捷。一匹欲しくなった。

アルバム「フックとその一族」の写真もどうぞ!!

フックのママより

 初めて調教された馬を間じかで見ました。やはり”目”が可愛いい。見事に訓練されたその姿は凄いなぁと感心。デモ本当は疾走する姿を一度目の前で見てみたい!桜花賞まえの”追い込み”是非見たい!ポニーの疾走で結構興奮しましたからサラブレットの姿は、、、、、、、、

2010年4月 1日 (木)

友遠方より来る!往きはよいよい、帰りは?

 中学、高校と6年間共に過ごし、以来50年近く家族ぐるみで付き合ってきた友人2人がいます。楽しかった事は勿論恋の悩みから始まり結婚相手のこと、そして子供、お姑さんの話、あらゆる出来事を無理のない距離で眺めてきた良き友人です。子育てが終わった頃からは年に2,3回会ってはおしゃべりしています。東京から電車で来て、今日は私が探しておいた筑波にあるカジュアルなフレンチレストランでお昼。ご夫婦がご自分達で畑で育てたり、地元で作られた野菜を使ったメニュー。ヤーコンのサラダ、紅芋のスープ、等窓から筑波山を見ながらの食事でした。食事の前に先に私行きつけの産直により、2人はしこたま野菜を買っていきました。竹の子もかろうじて手に入れ、”安いわあ”を連発していました。そしてもう一軒。落花生を栽培し商品にしているお店に行き、殻付の落花生と名産のもう一つの干し芋などを楽しそうに買い込みました。我が家に戻ってから現実に目を見張って”わあ!こんなに買ったの?”とどうやって持ち帰ろうかと大騒ぎ。何としても今日持って帰る!で2人とも両手に茨城の香り一杯のお土産を持ちご主人の待つ東京へと帰りました。きっとこれから何日かは美味しい野菜一杯の食卓になる事でしょう。その光景を思い浮かべて私も幸せな気分になりました。皆夫婦2人きりの生活になっています。これからも皆元気でいましょうね!そして又3人で高校生の時やったバンド。やりたいですね!

Img_3135_r_2

Img_3136_r_2

Img_3144_r

                                                                 

待望の竹の子でました!

Img_3149_r 1週間ぶりに昨日産直に行ったら、出てました!一年ぶりに懐かしいその姿!正真正銘この時期にしかお目にかかれない!その名は”たけのこ”まだ小さく値段も600円と高価?ですが我が家の春の食卓には絶対!欠かせない食材です。そろそろかな?と思ってはいましたがこの所の寒さでどうかしらと心配でした。朝どりのものはお昼過ぎにはなくなってしまいます。ラッキーでした。早速帰宅して私の郷の父が大好物で私も小さい時からまず竹の子はこれで食べ初めとしたものです。竹の子の鍋です。堀たてですから灰汁抜きは必要なし!皮をむいて茹でておきます。後は美味しい鶏肉を使い、豆腐、生しいたけ、そしてせりを入れます。竹の子は食べやすい大きさに切り全ての材料をなべにいれ、ポン酢、七味で食べます。これだけ。いくらでも竹の子食べられます。今年初の竹の子はとてもやわらかく、なによりも甘い!残った鍋は翌日味噌汁にします。だしがでてこれも美味。これからは竹の子がメインの献立が続きます。そして中旬には産直主催の竹の子堀りが待っています。写真にはとれたてのうど。すっかり春野菜がその出番を次々と待っています。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近の写真