最近のトラックバック

海賊フックとその一族

  • Img_0032_r
    海賊フック一族のアルバム 日常の生態をかいま見るとこが出来ます!!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月 8日 (土)

筑波実験植物園

Img_3388_r

筑波には今注目の独立行政法人の施設がたくさんあります。その一つの国立科学博物館筑波実験植物園に行きました。園内は”世界の生態区”と”生命を支える多様性区”に分かれ、それぞれに屋外と4棟の温室があります。日本の代表的な植物、世界の熱帯や乾燥地に生息する植物、生活に利用する有用植物等およそ3千種類の植物がみれます。園内へのプロムナードは美しいメタセコイア、セコイア、マロニエ、トチノ木の並木です。そこを抜けて中央広場にはシャクナゲの大木が赤い花をつけ目を引きました。

Img_3387_r_2  丁度連休から”クレマチス展”が開催されているので其れを見に行くのが目的でしたが、生憎今年は開花が遅れていてまだ見ることが出来ませんでした。六月までやっているのでもう一回行ってみましょう。敷地面積が140.000㎡もあるので今回は半分も見ることができませんでしたが、毒のある植物、絶滅危惧植物、筑波山の植物、そして現在新しく整備されつつある水生植物と気持ちの良いお天気の元良い汗をかいた半日でした。この次はメモと筆記用具を忘れずに持って行きましょう!木や花の名前すぐ忘れてしまいますから。Img_3394_r_2

欽ちゃん球団「茨城ゴールデンゴールズ」観戦しました(キャプテンより)

Img_3406_r_2

5月1日、地元龍ヶ崎に球場がオープン。4日には欽ちゃん率いる「茨城ゴールデンゴールズ」と風見しんごが監督をつとめる「一球幸魂(さいたま)」チームが対戦baseball結果は欽ちゃんチームが9-7で勝利した。Img_3411_r_3

始球式では突然ヘリコプターが飛来、 ボールを落下傘で投下した。欽ちゃんはさすが観客を楽しませることに一生懸命、マイク片手にグランドをうろうろ!! Img_3418_r_3

得点が入るとフラダンスのオバサンが出てきて、踊ろうとすると曲がストップ、スゴスゴと素足で土を蹴って帰っていくcoldsweats01

タイムボカンに出てくる”豚さんのダンス”みたいImg_3417_r_3

マスコットの“あゆみちゃん”代打で出てきて、センター前ヒット、小学生みたいな身長なのに、よく声は出すし、野球が上手い。Img_3420_r_2

試合後、最優秀選手賞の発表があり、日産キューブが球場に出てきて、表彰状かわりの「金の鍵」が渡された。でも、すぐに取り消しにbearing 最後まで観客を楽しませることに全力を出す、欽ちゃんに脱帽する一日でした。面白かったhappy01 

2010年5月 4日 (火)

Alice in Wonderland 3D観てきました

今話題になっている3D映画”アリス イン ワンダーランド”を見てきました。この前の"アバター”は特に興味なくキャプテンはジョニーデップが観たいのと2人で”3Dは話の種に観ておこう!”という事に相成りました。先日発売されたパナソニックの3Dテレビを量販店で見て結構凄いねという事もありました。2009072903_2

Aliceinwonderland2010200911110302_2 結論から言いますと”疲れました”キャプテンはメガネをかけている上から専用の3Dメガネをかけたので落ち着かないとの事。私は近くに迫ってくるとピントが合わず早く激しい動きが続くと目をつぶってしまうということがありました。勿論3D効果ありの場面はデズニー映画の最大特徴ですから其れは純粋に楽しめました。一回だけ2人で同時に思わず身体を横によけるという事がありました。これはまさに3D効果でした。私が小さい頃みたアニメの”不思議の国のアリス”とは何と違う映像なんでしょう。技術の進歩、その現実を実感しました。体力がいるものです!34909_3

笠間焼

_r001 笠間焼の陶器祭りに初めて行ってきました。連休中でしたがたいした混雑もなく我が家から1時間ほどの所の笠間市の笠間芸術の森公園で催されていました。広大な園内に思いもしなかったほどの沢山のテントの数にびっくり!予想以上の盛大なお祭りでした。

笠間焼きは江戸中期1770年代から作られ後に笠間藩主によって保護され日用雑器を主に作ってきました。一時期衰退の一途を辿っていたが戦後県窯業技術指導所を作りそこで多くの職人を養成し今では益子と並び関東の大きな窯業産地となっています。

_r000

とにかく色々な色、表情の作品で若い作家が多いのが印象的でした。値段もお祭りらしくとても安く、もっと早く来ていれば掘り出し物も沢山あったようでした。出店も多く、食べたり、ステージ演奏ありとにぎやかでした。子供達の遊ぶ場所もあり家族ずれで来て楽しめるお祭りです。私は一輪挿し、キャプテンは土瓶、そして2人でご飯茶碗をそれぞれ買ってきました。次は何としても益子に行きたいとおもっています。

_r002

2010年5月 3日 (月)

水戸 偕楽園

Img_3352_r_4

茨城県に住んで2年。初めて水戸市にある偕楽園に行ってきました。金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ日本三公園の一つで、天保13年(1842年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公によって創設された公園です。広大な敷地には有名な梅林他孟宗竹、霧島つつじ、宮城野萩などが飛び地になっている桜山と丸山には桜が植えられ周辺の湖水(千波湖)など田園風景を取り入れた素晴らしい場所でした。梅も桜も終わり咲き始めのつつじだけでちょっと寂しかったのですが、新緑のみずみずしさはやっと春が来た!そしてとても気に入ったのが園内の高台に建つ好文亭。Img_3361_r_2 梅の別名好文木にその名称は由来するという。昭和20年8月戦災で焼失しましたが昭和30年から3年かけ復元されたそうです。かつて斉昭はここに文人やら領内の人々を集め詩歌や慰安の会を催したとか。Img_3342_r_3 部屋のあちこちに日本の職人達のわざの粋を凝らした様々な美を見て改めて感心。ずっとそこにいて見ていたいと思いました。二階へと食べ物を載せて運ぶ小さなエレベーターもありました。Img_3357_r 建物は二層三階からなり奥御殿もあり複雑な間取りでした。廊下の途中が太鼓橋?になっていたり本当に所々に様々な創意工夫が見れておもしろかったです。Img_3344_r そして三階からの眺めは素晴らしく東には大洗方面の松林、西には筑波山も見れるそうです。気持ちよい天候にごろんと横になって寝転びたいたい衝動にかられました。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近の写真