最近のトラックバック

海賊フックとその一族

  • Img_0032_r
    海賊フック一族のアルバム 日常の生態をかいま見るとこが出来ます!!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 対潜哨戒機P3C体験搭乗 | トップページ | 笠間焼 »

2010年5月 3日 (月)

水戸 偕楽園

Img_3352_r_4

茨城県に住んで2年。初めて水戸市にある偕楽園に行ってきました。金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ日本三公園の一つで、天保13年(1842年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公によって創設された公園です。広大な敷地には有名な梅林他孟宗竹、霧島つつじ、宮城野萩などが飛び地になっている桜山と丸山には桜が植えられ周辺の湖水(千波湖)など田園風景を取り入れた素晴らしい場所でした。梅も桜も終わり咲き始めのつつじだけでちょっと寂しかったのですが、新緑のみずみずしさはやっと春が来た!そしてとても気に入ったのが園内の高台に建つ好文亭。Img_3361_r_2 梅の別名好文木にその名称は由来するという。昭和20年8月戦災で焼失しましたが昭和30年から3年かけ復元されたそうです。かつて斉昭はここに文人やら領内の人々を集め詩歌や慰安の会を催したとか。Img_3342_r_3 部屋のあちこちに日本の職人達のわざの粋を凝らした様々な美を見て改めて感心。ずっとそこにいて見ていたいと思いました。二階へと食べ物を載せて運ぶ小さなエレベーターもありました。Img_3357_r 建物は二層三階からなり奥御殿もあり複雑な間取りでした。廊下の途中が太鼓橋?になっていたり本当に所々に様々な創意工夫が見れておもしろかったです。Img_3344_r そして三階からの眺めは素晴らしく東には大洗方面の松林、西には筑波山も見れるそうです。気持ちよい天候にごろんと横になって寝転びたいたい衝動にかられました。

« 対潜哨戒機P3C体験搭乗 | トップページ | 笠間焼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145343/48259054

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸 偕楽園:

« 対潜哨戒機P3C体験搭乗 | トップページ | 笠間焼 »

最近の写真