最近のトラックバック

海賊フックとその一族

  • Img_0032_r
    海賊フック一族のアルバム 日常の生態をかいま見るとこが出来ます!!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年6月23日 (木)

ウインブルドンから”ガッツ”を

Photo_2  久しぶりに深夜ウインブルドンの試合を見ました。日本人シングルスで唯一1回戦を突破した伊達公子選手がヴィーナス・ウイリアムスとセンターコートで対戦しました。結果は本当に本当に残念でしたがフルセットで負けました。大方の人達がウイリアムス有利だと考えたのは当然でしょう。試合を見ていた観客の表情から伊達選手の”ガッツ”あるプレイに驚きと共に”この40歳になる日本人は誰?"というような反応をみてとれました。その大声援にこたえるように身長差20センチあるウィリアムスをコート左右、前後に走らせていました。

第一セットは伊達選手のライジングボールにウィリアムスが戸惑って?いる間気持ちよくウィニングショットが決まっていました。そして私が思わず唸ったのは相手のベースライン深くに打ち込んだ後にネットに出て決めたドロップショットの素晴らしさ!これにはウィリアムスもネットに出られませんでした。彼女が3年前に現役復帰してから一番変わったのはその肉体改造でした。今回もウィリアムスの強打をライジングで打ち返すに十分な肩から二の腕についた筋肉は以前の彼女にはありませんでした。それだけでも彼女が再度挑戦しようとしたテニスへの意気込みがわかります。Photo_3

今の日本のテニス界は杉山愛選手が引退して若手が少しずつ頑張ってはいますが私素人がみていてまず思うのはです。今の世界は技術はもちろん全てにおいてパワーを必要とされていると思います。そうしたパワーに対抗するには日本人選手は今一つ物足りません。これは子供の時からの食生活や環境も大事でしょう。我が家の近くのテニスクラブは韓国、中国のジュニアーとお互いに行き来していますが、コーチがとにかく日本の高校生たちは夏の合宿でも昼食後は暑いと屋内にいるのに韓国の選手たちはすぐ外に出て練習しているし、とにかくよく食べると言っていました。肉もたべるけれど野菜をすごく食べるそうです。

伊達選手も復帰後にあの体をつくったのですからできないことはないのでしょう。いくら技術の向上を図っても怪我してはプレイできません。自分より上のランクの選手との対戦でも最後まで結果はわかりません。精神的に負けてしまったら技術云々以前です。強い精神を支えるのに強いが必要です。ファミリーシートで見ていた日本のプレーヤー達がこの先この試合から何かを得てくれたらと思います。Photo_5

今回の試合で彼女が見せた”ガッツ”ポーズ恰好よかったです。世界を相手に個人戦で見せたアスリートとしての”ガッツ”を見習いましょう。勝ちたかったでしょう。又その”ガッツ”が見れるのを楽しみにしています。私も続く限り草テニスを楽しみたいのでそれに耐えるべく筋トレやっています!

猛烈にテニスしたくなりました!でも一人ではできないしなあ~tennis

http://ameblo.jp/kimiko-date/entry-10931804347.html#main

(伊達選手の他にもう一人20歳の土居美咲選手が1回戦突破しましたので訂正します。)

2011年6月12日 (日)

船のロマン:入港、着岸。離岸、出航

船旅の中で港に入港するアプローチ、接岸する一連の動きがとっても興味深く、興奮を覚えます。また出航する時は七色のテープで別れを惜しみながら離岸する…そのゆっくりとした時間的な感覚が哀愁を呼びます。Mini_img_2309

今日は「入港、着岸。離岸、出航」について、レポートします。

≪問題≫客船の入港予定時間は?
  どの時点をもって実際の入港時間としていると思いますか?

  正解は…
   船が岸壁に着岸するとき、本船側から放たれた最初のロープを岸壁の係船柱 

   (ビット)  に取り付けた時間、です。

   この最初のロープのことを「ファーストライン」といいます。
  
   ちなみに、出港時間は係船柱に取り付けられている数本のロープのうち、1本目の

  ロープがはずされた時点。

   ロープの取り付け・取り外しは人力作業です。作業するのは、「ラインマン」の方々。

  着岸・離岸操船の仕草を動画で.http://www5e.biglobe.ne.jp/~yotteman/sousen.htm

  Mini_img_2578_2

                       出港の合図は「ドラ」で知らせます。

《テープ投げ》

このテープ投げを考案したのは、実は日本人でした。

1915年、パナマ運河開通を記念してサンフランシスコで万博が開催されました。
そこに日本の商社が,包装用の紙テープを出品しました。が、大量に売れ残りました。

そこでサンフランシスコで商売をしていた森野庄吉(森田説もあり)氏が別れを惜しむ握手の変わりに、別れのテープとして販売したのがきっかけで世界中に広まったといわれています。

日本人らしい発想ですが、近年は環境保全の問題もあり、外国では規制されて、ほとんど行われないとのことです。

☛Captain HOOKは出航する前にはいつも細心の注意を払います。

  ●天気の移り変わり、風向、波はこれから悪くなるのか?良くなるのか?
   ●働ける乗員は確保されているのか?
   ●装備はどうか?機関が突然故障した場合の動作確認は?などなど…

大きな客船、自動車運搬船などは船の形状から、風、波に影響受けやすく、いろいろな装備をしています。近年のクルーズ客船の多くは推進軸を90度以上変更できるポッド型電動推進器を装備して、これとサイドスラスターとの併用により離着岸時の操船性を高めています。

また、大型船では「パイロット(水先案内人)」の役割が大きいのです。
潮流が激しくなく他船が周囲にいなくて風も吹いていない環境では、主機関やサイドスラスターが突然故障でもしない限り、船長でも容易に安全な操船が行なえるかもしれませんが、日本の大きな港では他船がいない状況はそうは望めません、また風も吹く吹かないは時の運しだいです。特に混み合う港や狭い水路での強風下の操船は、海深や潮流、地元小型船を含む他船の運動、投錨時の利き、タグボートとの連携などで地元環境に精通しているパイロット(水先人)だけが行なえる芸術的な操船技術で、とっても重要です。

Mini_img_2322_2

Mini_img_2201_2

着岸時、飛鳥Ⅱでは船側に突き出た「外部ブリッジ」で船長とパイロットが着岸の指揮を執ります。

ちなみに「クイーンメリー2」ではブリッジが大きくせり出しています。

29551_064421_3

客船はその構造上、船の全長側面を確認するために「ブリッジのせり出し」が必要なのす。Mini_img_2423_2

☛「飛鳥Ⅱ」横浜大桟橋に着岸するとき、右舷接岸、“出船”(船首を港の出口方向に…)に舫います。多くの客船は“入船”(陸地に船首方向を?)に舫います。理由は分かりません。

(下はタッグボートで回旋中の飛鳥Ⅱです)

Img_356265_2904165_0_3

日本郵船の方からその理由を教えてもらいたく…

« 2011年5月 | トップページ | 2011年9月 »

最近の写真