最近のトラックバック

海賊フックとその一族

  • Img_0032_r
    海賊フック一族のアルバム 日常の生態をかいま見るとこが出来ます!!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 船のロマン:入港、着岸。離岸、出航 | トップページ | 猛暑~実りの秋へ 1 »

2011年6月23日 (木)

ウインブルドンから”ガッツ”を

Photo_2  久しぶりに深夜ウインブルドンの試合を見ました。日本人シングルスで唯一1回戦を突破した伊達公子選手がヴィーナス・ウイリアムスとセンターコートで対戦しました。結果は本当に本当に残念でしたがフルセットで負けました。大方の人達がウイリアムス有利だと考えたのは当然でしょう。試合を見ていた観客の表情から伊達選手の”ガッツ”あるプレイに驚きと共に”この40歳になる日本人は誰?"というような反応をみてとれました。その大声援にこたえるように身長差20センチあるウィリアムスをコート左右、前後に走らせていました。

第一セットは伊達選手のライジングボールにウィリアムスが戸惑って?いる間気持ちよくウィニングショットが決まっていました。そして私が思わず唸ったのは相手のベースライン深くに打ち込んだ後にネットに出て決めたドロップショットの素晴らしさ!これにはウィリアムスもネットに出られませんでした。彼女が3年前に現役復帰してから一番変わったのはその肉体改造でした。今回もウィリアムスの強打をライジングで打ち返すに十分な肩から二の腕についた筋肉は以前の彼女にはありませんでした。それだけでも彼女が再度挑戦しようとしたテニスへの意気込みがわかります。Photo_3

今の日本のテニス界は杉山愛選手が引退して若手が少しずつ頑張ってはいますが私素人がみていてまず思うのはです。今の世界は技術はもちろん全てにおいてパワーを必要とされていると思います。そうしたパワーに対抗するには日本人選手は今一つ物足りません。これは子供の時からの食生活や環境も大事でしょう。我が家の近くのテニスクラブは韓国、中国のジュニアーとお互いに行き来していますが、コーチがとにかく日本の高校生たちは夏の合宿でも昼食後は暑いと屋内にいるのに韓国の選手たちはすぐ外に出て練習しているし、とにかくよく食べると言っていました。肉もたべるけれど野菜をすごく食べるそうです。

伊達選手も復帰後にあの体をつくったのですからできないことはないのでしょう。いくら技術の向上を図っても怪我してはプレイできません。自分より上のランクの選手との対戦でも最後まで結果はわかりません。精神的に負けてしまったら技術云々以前です。強い精神を支えるのに強いが必要です。ファミリーシートで見ていた日本のプレーヤー達がこの先この試合から何かを得てくれたらと思います。Photo_5

今回の試合で彼女が見せた”ガッツ”ポーズ恰好よかったです。世界を相手に個人戦で見せたアスリートとしての”ガッツ”を見習いましょう。勝ちたかったでしょう。又その”ガッツ”が見れるのを楽しみにしています。私も続く限り草テニスを楽しみたいのでそれに耐えるべく筋トレやっています!

猛烈にテニスしたくなりました!でも一人ではできないしなあ~tennis

http://ameblo.jp/kimiko-date/entry-10931804347.html#main

(伊達選手の他にもう一人20歳の土居美咲選手が1回戦突破しましたので訂正します。)

« 船のロマン:入港、着岸。離岸、出航 | トップページ | 猛暑~実りの秋へ 1 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

プロ並みのコメントですね!
兄貴が感動し、ご自分なりの感想をブログに書いてくれたのは嬉しいです。多くの方があの試合を見て、勇気付けられたでしょうね。
確かに、「気持ちの強さ」が違う!
(伊達君子→公子)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145343/52019743

この記事へのトラックバック一覧です: ウインブルドンから”ガッツ”を:

« 船のロマン:入港、着岸。離岸、出航 | トップページ | 猛暑~実りの秋へ 1 »

最近の写真