最近のトラックバック

海賊フックとその一族

  • Img_0032_r
    海賊フック一族のアルバム 日常の生態をかいま見るとこが出来ます!!

ウェブページ

無料ブログはココログ

« 猛暑~実りの秋へ 2 | トップページ | 晩秋の散歩道 »

2011年10月 2日 (日)

夜空の万華鏡

Tsuchiura_title 

猛暑が終わり9月に入ったと思っていたらもう10月!めくったカレンダーが残りあと二枚になってしまいました。吹く風もちょっと冷たく感じすっかり秋。そんなこの時期に隣町土浦市で全国花火大会が毎年開かれ、その規模の大きさにこちらに来てから見に行くのをためらっていましたが、今年はどうしても見たいと思い昨日その思いを果たしてきました。

この大会は日本国内では秋田県の大会と並ぶ日本有数の花火大会です。土浦市にある神龍寺24代住職が霞ヶ浦航空隊と親交が深かった事等から航空隊殉職者の慰霊と関東大震災後の不況で疲弊した土浦の経済を活性化するという趣旨で大正14年に私財を投じて霞ケ浦湖畔で開催したのが始まりです。途中大戦による中断があったそうですが、ことしは80回の記念大会ということもあり素晴らしい花火の競演でした。

子供の頃、多摩川の花火大会を毎年わくわくしながら見た記憶が蘇ってきました。朝から家の前を絶え間なく人が多摩川に向けてぞろぞろと歩いていたのを覚えています。それから今まで色々な所での花火大会を見ましたが競技大会というのは初めてでした。土浦は競技の中でもスターマイン(速射連発)の歴史と共に歩んできたそうです。普通の花火大会ではフィナーレを飾ることが多いスターマインですが、土浦では競技部門の一つとして独立させました。スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の3つの部門で内閣総理大臣杯など数数の賞をめざして全国の花火師さん達の腕を競う場となっています。Img_4355_r

6時開演ですが、二時過ぎに現地に車で行き、無料駐車場に止められて会場の桜川川岸に場所を確保。初めてなのでとにかく場所確保に集中しましたが、対岸の方がベストポジションだとわかりましたが、実際には問題ありませんでした。今日の新聞では80万人の人出、2万発の花火が打ち上げられたそうです。

スターマインは音楽に合わせ時にはユーモラス、時にはかわいらしい、そして優雅にと花火の多彩な面が夜空一杯に見られ、まるで万華鏡をみているようで声もありませんでした。今年は東日本大震災復興祈願としての大会でそんな思いももって夜空を見上げていました。日本の若い花火師さんたちの最高の技に唯々、感心。

競技大会なので地元茨城放送の中継で解説していたのを聴きながらの鑑賞で一つ一つの花火にかける意気込みやら、技術的な事の説明はとてもよくわかりよかった!

最後にこの大会の毎年の華は真ん中あたりで上げられたワイドスターマイン”土浦花火づくし”は9か所から打ち上げられそれはそれはさながら”真夏ならぬ秋の夜の夢”でした。

最後は7号玉80発でのしめでした。

動画でその素晴らしさのかけらでも見てみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=Qvqi-TGUB8I

« 猛暑~実りの秋へ 2 | トップページ | 晩秋の散歩道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長い時間待った甲斐がありましたね〜。
写真も動画もキレイに撮れていました♫

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145343/52888279

この記事へのトラックバック一覧です: 夜空の万華鏡:

« 猛暑~実りの秋へ 2 | トップページ | 晩秋の散歩道 »

最近の写真